札幌芸術の森美術館で開催中の「浮世絵師 歌川国芳展」がスゴい人気

投稿日:2015年6月10日

札幌芸術の森美術館で開催中の「浮世絵師 歌川国芳展」がスゴい人気!

札幌市南区の「札幌芸術の森美術館」では、4月25日から6月28日までロングランで「浮世絵師 歌川国芳展」が開催されています。展覧会は全編と後編の2つに分かれ、今は後編の「男、国芳、誠の心」と題して作品100点が展示されています。

札幌芸術の森美術館で開催中の「浮世絵師 歌川国芳展」がスゴい人気!

この日は雨が降る平日にもかかわらず、中はご覧のとおり人でいっぱい。皆さん、食い入るように作品を見ています。

札幌芸術の森美術館で開催中の「浮世絵師 歌川国芳展」がスゴい人気!

その人気のヒミツがこちら。描かれた絵の「解説」がスゴいのです。へえ〜とか、そうなんだ〜、なるほど〜が、よくわかるパネル。作品1点1点に付けられています。そもそも、浮世絵とは「浮き世」を描いた絵。江戸時代の風俗画で大衆文化のひとつだったそう。今も200年前も、面白いものは共通なんですね。

札幌芸術の森美術館で開催中の「浮世絵師 歌川国芳展」がスゴい人気!

展覧会は6章立てで構成されています。制作年などの順番ではなく、美人画や役者絵などジャンルごとに分けられています。なので、込み合っている場合は、空いているコーナーへ移っての見学が可能。

札幌芸術の森美術館で開催中の「浮世絵師 歌川国芳展」がスゴい人気!

ところで、この歌川国芳ってどんな人? 1797年に江戸は日本橋に生まれ、15歳で歌川派の門をたたき、不遇の日々を過ごしながらも31歳の時にヒット作を出した浮世絵師。以来、さまざまな画作を世に送り出し、1861年・65歳で逝去した奇想をもって天外な世界を現出させたアーティスト。

札幌芸術の森美術館で開催中の「浮世絵師 歌川国芳展」がスゴい人気!

江戸八百八町で喝采をあびた奇想天外、国芳ワールドは6月28日(日)まで。ぜひ、ご覧下さい。

札幌芸術の森美術館で開催中の「浮世絵師 歌川国芳展」がスゴい人気!

会場は、札幌芸術の森美術館です。

展覧会特設サイト 浮世絵師 歌川国芳展

北海道知事登録旅行業第2種-597号 ANTA(全国旅行業協会会員)
北海道宝島トラベル
© 2010-2017 北海道宝島トラベル
top