網走一帯を360度望められる山の上にある「オホーツク流氷館」

投稿日:2015年2月27日

オホーツク流氷館

▲4Fの展望台からは市街などが一望

風向きや天候によってその姿をさまざまに変える、流氷。昨日まであったかと思えば、突如いなくなったり、その逆だったり・・・。もし、オホーツク海に流氷がない時にぜひ立ち寄りたい施設が「オホーツク流氷館」。

オホーツク流氷館

網走市の郊外、天都山山頂(標高194m)にある、流氷とオホーツク海をテーマにした網走市立の科学館。

オホーツク流氷館

実物の流氷が展示される「流氷体感室」があります。

オホーツク流氷館

マイナス15℃に設定された室内には、本物の流氷が運び込まれていてビックリ。ここでは濡れたタオルの貸し出しサービスがあり、タオルを振り回して凍らせる「シバレ体験」が楽しめます。

オホーツク流氷館

館内には「流氷の天使」ことクリオネも飼育展示。水槽内を動き回る様子を見ることができます。

オホーツク流氷館

パネル資料など流氷のことやオホーツク海のことが学べる展示室は3カ所。ビデオ上映室もあります。

オホーツク流氷館

屋上からは、オホーツク海や網走湖など360度の展望が楽しめます。ぜひ立ち寄って、流氷についてなるほど!を体感してほしい施設。

天候が安定すれば、空からのオホーツク海もあわせてどうぞ。流氷を望む熱気球のフリーフライトは、今シーズンはあと数日。ラストチャンスとなっています。どうぞご利用ください。

オホーツク流氷館

熱気球フリーフライトアドベンチャー〜空から眺めるオホーツク流氷紀行〜

北海道知事登録旅行業第2種-597号 ANTA(全国旅行業協会会員)
北海道宝島トラベル
© 2010-2017 北海道宝島トラベル
top