支笏湖の美笛地区にある「巨木の森」へスノーシューで精霊に会いに行く

投稿日:2015年1月30日

支笏湖の美笛地区にある「巨木の森」

支笏湖の西岸、美笛地区に樹齢300年ともいわれる大きな木が何本もある「巨木の森」があります。冬は静かなこの森にスノーシューで近づき、森の精霊に会いに行くプログラムがあります。

精霊の住む森 樹齢300年以上の巨木の森へ、スノーシューツアー

支笏湖の美笛地区にある「巨木の森」

鳥のさえずりを聞きながら、ふかふかの雪をトレッキング。

支笏湖の美笛地区にある「巨木の森」

バタン!と、通称「天使の羽」をつくって記念撮影!

支笏湖の美笛地区にある「巨木の森」

コース途中にある「美笛川」。川底までくっきりと見えるキレイな川。支笏湖にそそいでいます。

支笏湖の美笛地区にある「巨木の森」

1.5㎞ほど歩けば、樹齢300年ほどのカツラの大木とご対面。木の内部は割れて、周辺から何本もの新しい幹が天に向って伸びています。

支笏湖の美笛地区にある「巨木の森」

巨木からパワーをいただいて。

ガイドは支笏湖にゲストハウスを運営し、夏はスキューバダイビングのインストラクターでもあるオーシャンデイズの板谷貴文さん。冬はスノーシューツアーやワカサギ釣りツアーなどを実施しています。参加者のペースにあわせて支笏湖周辺の自然を案内しています。

支笏湖の美笛地区にある「巨木の森」

支笏湖の奥は旧大滝村(現伊達市大滝区)となり、森の中にある洞窟では不思議な現象が見られます。地元の方が“にょろにょろ”と呼ぶ、さかさツララ「氷筍(ひょうじゅん)」が数千本生えている場所があるのです。

支笏湖の美笛地区にある「巨木の森」

この冬は1回だけ、札幌からバスで行くツアーが予定されています。この機会をぜひ利用して、自然がつくる神秘のパワーをもらってみてはいかがでしょう。

冬だけ現れる氷の洞窟!大滝氷筍探訪

北海道知事登録旅行業第2種-597号 ANTA(全国旅行業協会会員)
北海道宝島トラベル
© 2010-2017 北海道宝島トラベル
top