北広島の森の中で、吹きガラス体験はいかが?

投稿日:2015年1月20日

吹きガラス体験

札幌と新千歳空港のあいだ、北広島の郊外に「ニーウン・ペツガラス美術研究所」があります。森の中に、楠本さんご夫妻が営むギャラリー・カフェとガラス工房が静かに佇んでいます。

吹きガラス体験

ガラス工房ではだんだんと作品になっていく、マイグラス製作体験ができます。

吹きガラス体験

最初はつくりたい色柄をサンプルから選びます。

吹きガラス体験

スタッフの方が、釜の中にガラスの元となるタネを入れて熱します。その温度、なんと1,000℃もあるとか。

吹きガラス体験

釜から取り出し、空気をそっと入れながら回してガラスを大きくしていきます。そして再び釜の中へ入れてやわらかくして・・・。この作業を何回も繰り返します。

吹きガラス体験
吹きガラス体験

カタチを丸く整えるいくつかの作業をして、だんだんと完成に近くなっていきます。

吹きガラス体験

仕上げは、スタッフの方が行います。この真剣な表情!

吹きガラス体験

完成品は、翌日以降ご自宅へ発送。すてきなマイグラスが届きます。自分でつくったグラスで飲むドリンクは、さぞかしおいしいでしょう!

楠本さんがつくるガラス作品が展示・販売されるギャラリーではさまざまな作品がきらきらと輝いています。見ているだけも楽しい店内。ここはカフェスペースも兼ねていて、パスタやカレー、コーヒーやハーブティーなども味わえます。
吹きガラス体験

店内がなぜか落ちつくのは、かつての小学校校舎を利用しているから。仁別(にんべつ)という場所にあった小学校廃校跡地で工房を営んでいて、その時の木造校舎を移築して現在の場所でも利用しているのです。

都会の喧噪をはなれて、静かな隠れ家スポットでアートな時間を過ごすことができる体験。この冬、いかですか。

森の中のアトリエで吹きガラス体験

北海道知事登録旅行業第2種-597号 ANTA(全国旅行業協会会員)
北海道宝島トラベル
© 2010-2017 北海道宝島トラベル
top