札幌ではジャンプ大会の季節がやってきました!

投稿日:2015年1月16日

カーリング

▲大倉山での「第57回HBCカップジャンプ大会」

冬の札幌はジャンプの季節。2015年のシーズンは1月4日の大会を皮切りに主要11戦が宮の森と大倉山の両競技場で開催されます。
大倉山は「ラージヒル」といって100メートルを越える大きなジャンプが見られる会場。はるか上からスタートする選手は、時速90キロを越えるスピードでランディングバーンを滑り降り、ジャンプ。まじかで見ると「飛ぶ」というより「落ちてくる」ような勢いです。ゴーっという選手が風を切る音が、その迫力を伝えています。飛行時間は5秒ほどでしょうか。着地する時のスキーがパタン!という乾いた大きな音が周囲に響きわたります。
カーリング
カーリング
大倉山の最長不倒記録・バッケンレコードは、伊東大貴選手が2012年に出した146メートル。
これを越える大ジャンプが見られるでしょうか。期待したいですね。

カーリング

▲2015年シーズン、札幌市内で開催されるジャンプ大会一覧

ジャンプ観戦の後は、同じオリンピック競技でもある「カーリング体験」はいかがでしょうか。

カーリング

札幌市内、豊平区には「どうぎんカーリングスタジアム」があります。ここは、カーリング専用の室内施設。インストラクターがルールややり方を教えてくれるので、初めての方でも大丈夫。道具もすべて貸し出しがあるので、手ぶらで参加できます。
仲間やグループでやれば大盛り上がり。楽しい時間をすごすことができます。

オリンピック競技をやってみよう!札幌手ぶらでカーリング体験

北海道知事登録旅行業第2種-597号 ANTA(全国旅行業協会会員)
北海道宝島トラベル
© 2010-2017 北海道宝島トラベル
top