星野リゾートトマムの「アイスビレッジ2015」を楽しむ

投稿日:2015年1月7日

アイスビレッジ2015
北海道の中央部に位置する占冠(しむかっぷ)村トマム。2001年には、−35.8℃という信じられないほどの気温を記録した極寒の地。リゾート内には冬になるとバーやカフェなどさまざまなアイスドームが並ぶ、“ビレッジ”が誕生します。

アイスビレッジ2015
“村”のスタッフが笑顔で迎えてくれるのは「氷の学校」。氷のグラスづくりや氷のキャンドルづくりなど、雪と氷に関する体験ができる学校。

アイスビレッジ2015
教室は、まさに透明な氷一色。どこかちがう国に来たみたいな非日常空間。イスや机も、全て氷りでつくられていてビックリ。


幻想的なブルーの世界が拡がるのは「氷のバー」。ここではなんと氷のグラスでお酒やカクテル、ソフトドリンクを飲むことができます。

アイスビレッジ2015
こちらは「氷のカフェ」の席。こんな空間で味わうスープやホットスイーツは忘れられない想い出!

アイスビレッジ2015
屋外では「たき火広場」と「アイスリンク」があり、スケート靴の貸し出しもあります。

アイスビレッジ2015
アイスビレッジの全景。手前にリンク、奥に各種ドーム。さらに奥がスキー場。

アイスビレッジ2015
アイスビレッジ2015

イベントもいろいろ開催されるアイスビレッジ2015。氷の芸術作品とともにファンタジーな夜を楽しめます。

その翌日は、道東まで大移動して流氷に埋めつくされるオホーツクの海を空から見てみませんか。

アイスビレッジ2015
熱気球に乗って大空から見る流氷の海。大自然がつくりだす感動風景。スーパーフライトで、言葉では言い尽くせない感動を体感ください。この冬は、ぜひ!

熱気球フリーフライトアドベンチャー〜空から眺めるオホーツク流氷飛行〜

北海道知事登録旅行業第2種-597号 ANTA(全国旅行業協会会員)
北海道宝島トラベル
© 2010-2017 北海道宝島トラベル
top