2016年5月28日

札幌市民ギャラリーで開催中の「日本刀展」に行ってきました

映画・美術鑑賞が好きなインドア派 シダ
映画・美術鑑賞が好きなインドア派 シダ

日本刀展,札幌市民ギャラリー

札幌市民ギャラリーで開催中の「日本刀展」に行ってきました!主催は日本美術刀剣保存協会。
日本刀について広く一般の方々に知ってもらおうと、今回企画されたもの。

実は、私、隠れ日本刀ファンなのです。

48本もの日本刀のうち、東京の刀剣博物館から借りた刀は5振り。
それ以外の43振りは協会員の個人所蔵だというから驚きです!

貴重な刀剣も展示

伊賀守金道,対馬守橘常光

<上段: 伊賀守金道、下段: 対馬守橘常光>

写真上段の日本刀は、「特別重要」と鑑定された貴重刀の一振り「伊賀守金道」。
刀についての知識は全然ありませんが、美しい刀身にはうっとりしちゃいますね……。

48振り全てをご紹介するのは難しいので、いくつか有名どころをご紹介します!

酒呑童子の首を切った逸話を持つ「童子切」一派・安綱

太刀,安綱

平安中期に作られた太刀「安綱」。
同じ名前の「童子切・安綱」が、酒呑童子の首を切ったという逸話で有名です。

不動明王の彫が美しい、備州長船景光

備州長船景光,短刀,不動明王

鎌倉後期の短刀「備州長船景光」。
日本刀は展覧会などでは横向きに展示・鑑賞されますが、刀身の彫りは縦から見る図案です。
不動明王がカッコいいですね!

誰でも一度は聞いたことがある?「村正」と「虎徹」

村正,肥前国忠行摺揚之,刀

室町後期の刀「村正」。切付銘は肥前国忠行摺揚之。

虎徹,住東叡山忍岡辺 長曽祢興里作,刀

江戸前期の刀「虎徹」。刀工銘は「住東叡山忍岡辺 長曽祢興里作」。

逆さ富士を描いた刃紋

当日、会場にいた研ぎ師の方が教えてくれた、私のイチオシの日本刀がこちら!

盛俊(花押),刀

江戸末期の刀「盛俊(花押)」。
なんと、刃紋が逆さ富士と海になっているんです!

逆さ富士の刃紋,盛俊(花押)

まさか刃紋が富士山の形になっているとは思いもしなかったので、思わず見入ってしまいました。

荒れ狂う波濤を表現した「濤瀾刃」

津田越前守助広,濤瀾刃

江戸前期の刀「津田越前守助広」。
津田助広が発明した、「濤瀾刃(とうらんば)」という波濤の模様の上に玉を焼く独特の焼き刃が美しい!
写真はちょっとイマイチで、蛍光灯の反射により独特の刃紋がまるで見えませんが……。

北海道で制作された刀剣も

現代の刀匠が制作した、北海道生まれの日本刀もありました!

室蘭胤匡成作,惟平作,刀

<上段: 室蘭胤匡成作、下段: 惟平作>

日鋼室蘭所蔵の刀「室蘭胤匡成作」と、伊達黎明館の刀匠本人所蔵の短刀「惟平作」。
北海道で制作された刀というだけで、なんとなく親近感がわきます。

日本刀のほか、資料や鍔の展示もありました。

日本刀展,札幌

札幌,刀剣展

日本刀展の会期は5月29日(日)まで。
週末はぜひ、札幌市民ギャラリーまで足を運んでみてください。

刀といえば武将。武将といえば馬。ということで、刀剣鑑賞の後は乗馬体験などいかがでしょうか。
札幌市内中心部から往復送迎付きで遊びに行けますよ!

石狩で日本海を眺めながらの乗馬体験

小樽で石狩湾を見下ろす絶景乗馬体験

北海道知事登録旅行業第2種-597号 ANTA(全国旅行業協会会員)
北海道宝島トラベル
© 2010-2017 北海道宝島トラベル
top