2016年5月27日

「ワンダーランドサッポロ」の「サバイバルゲーム」の撮影に行ってきました!

映画・美術鑑賞が好きなインドア派 シダ
映画・美術鑑賞が好きなインドア派 シダ

先日、札幌市内にある「ワンダーランドサッポロ」さんへ、
「サバイバルゲーム」のWEB掲載用写真撮影に行ってきました。

到着してまず目に入ったのは、ずらりと並んだ4輪バギー

ついさっきまで団体のお客様が乗っていたようで、
私たちが到着した時には、事務所の前に4輪バギーが10台くらいありました。
タイヤが大きくてめちゃくちゃカッコいい!
これでオフロード走るんだよな~乗らせてもらえないかな~、と
一緒に行った編集長に無言のアピールをしてみましたが、
写真足りてるよね、という理由であえなく敗退……。
今度、プライベートで遊びに来ようと思います。

サバイバルゲームなのに2名で撮影!?

さて、肝心のサバイバルゲームの撮影ですが、
何を隠そう①私、②編集長、③カメラマン、の3人しかいません。
カメラマンは当然写真を撮るので、実質2名しかいない!本当は4名以上で遊ぶゲームなのに!
ということで、掲載用にそれっぽい写真を数枚だけ撮ることに。

使う銃はAKシリーズ。
これ映画でよく見る銃だ!と一人でテンションのあがる私。

じゃん!決めポーズ!

――はい、銃の持ち方間違ってますねー、恥ずかしい!
編集長、学生の頃はハワイの射撃場で撃ちまくってたぜ、なんて言ってたくせに
銃の持ち方を教えてくれないなんてヒドイ!(笑)
自分だけ正しい構えをされています……。

正しい持ち方がこちら。
マガジン(弾倉)は持ちませんので、遊びに行く人は間違えないようお気をつけて。

撮影自体は、こんな感じとか。

こんな感じとか。

本当はもっと撮ったんですけど、私の銃の持ち方が違うので恥ずかしくて載せられません!
これ書くまで気づかなかったから撮り直してないんだ!つらい!

ちなみに、フェイスマスクはメガネの上からでも問題なく装着できましたので、
サバイバルゲームはメガネ愛用者でも安心して遊べます。

どんな人が遊びに来るのか、スタッフの方にお訊ねしたところ、
「サバイバルゲーム愛好者だけでなく、企業のチームビルディングとしても人気がありますね」とのこと。
敵勢力の砦を制圧(フラッグの奪取)するか、敵兵の殲滅で勝敗を決めるそうで、
被弾すると本当に痛いので、みなさん真剣にやるそうです。
うちの会社でもやりたいな~。

締めは炭火バーベキュー

サバイバルゲームの撮影後は、炭火バーベキューの撮影を兼ねてランチを頂いてきました!
とっても美味しかったです~。

サバイバルゲームや4輪バギーの後、炭火バーベキュー(食べ飲み放題)で締めるお客様が多いそうです。
一汗かいた後のビールは最高ですからね!

最後に、スタッフの方と記念に1枚!
ワンダーランドサッポロさん、撮影のご協力ありがとうございました!

北海道の大フィールドでストレス発散、サバイバルゲーム!~炭火バーベキュー付きプランもあり♪ このサイトからのお申込みはお得な割引料金適用中♪

札幌で本格的に4輪バギー走行体験と炭火バーベキューランチ

北海道知事登録旅行業第2種-597号 ANTA(全国旅行業協会会員)
北海道宝島トラベル
© 2010-2017 北海道宝島トラベル
top