2016年5月23日

小樽運河発の春が旬の船上カレイつり体験に行ってきました!

社内菜園豆担当 きした
社内菜園豆担当 きした

春の青空の下、14時10分に出港。
広島からと東京からのカップル2組とご一緒させていただきました。
カップルさんたちは、釣りの前に同じお船で「青の洞窟クルーズ」も楽しんだそう。

船がブイィィ-ンと風を切って海を進んでいくと、
緑色だった海の色がだんだんと碧く透き通り、さらに進むと濃い青色に。。。

OTARU BLUEの海に船を泊め、エサのついた釣り竿を受け取り、いざ釣り開始!

約30分間の釣果は、5人で5㎝くらいの小さいカジカから、25㎝サイズのカレイまで13匹。
小さいサイズのお魚は海へリリースしました。

帰り道は、カモメに見送られながら、、、
途中、今回は特別に!?向井船長が1曲歌ってくれました。
60分のツアーでしたが、爽快なクルージング、ドキドキの釣り、必死にボートを追いかけるカモメ、
帰り道に見る小樽の町と山の景色と船長の歌。
盛りだくさん楽しみました。

釣れたお魚は、ガイド会社「ツウセン」さんと提携している
小樽駅前にある三角市場内の食堂で捌いてもらえるとのこと。

私は持ち帰り、唐揚げにして夕食にいただきました。

今回、わたしが参加したのは:

・【小樽運河発】春が旬の船上カレイつり体験 ~釣り初心者の方も楽しめます~

カップルさんたちが参加したのは:

・青の洞窟&釣り体験お得セットプラン!

青の洞窟コース:

・【小樽運河発】青の洞窟&国定公園クルーズ

北海道知事登録旅行業第2種-597号 ANTA(全国旅行業協会会員)
北海道宝島トラベル
© 2010-2017 北海道宝島トラベル
top